ゆーママの子育て喜怒哀楽!

“母親”という名の修行の真っ最中!日々の子育て奮闘記

サッカー少年、中学受験をする①

f:id:aroein:20200106180422p:plain

息子が小4のある日、「中学受験をしたい!」と急に言い出した( ;∀;)

 

3年後、無事に受験に合格し、現在私立中学校に通っている息子ですが、合格までの道のりは険しく、平たんではありませんでした。

そんな親子のドタバタ奮闘記を少しずつ何回かに分けてまとめていきたいと思います。

オレ、中学受験してみたいなー

すべてはこのひと言から始まりました。

息子が小学校4年生になった春に呟いたひと言です。

「はぁ?何言ってんのあんた(*´Д`)」って感じでした。

なぜなら、我が家は両親とも公立の中学・高校でしたし、教育熱心に育てたわけでもなくむしろ「のびのびと元気ならば勉強ができなくてもしょうがない」くらいの育て方をしてましたし…。3つ上にお姉ちゃんがいますが、当たり前のように公立中学校に通っていましたし…。

何よりも、息子本人がこれまでサッカーとゲームしかしてこなかった勉強嫌いの先生泣かせだったはずなのに…。

 

と、とりあえず理由を聞いてみましょうかね(^-^;

母 「何で受験なんかしたいの?」

息子「勉強ができたらカッコいいから。」

母 「、、、。」

言葉を失いましたよ。

これは後でわかったことなんですが、どうやら近所の仲良くしてくれていたお兄ちゃんが私立の中学校に入学して、私立の制服を着て通学する姿がカッコよく見えたみたいです。子供って単純でかわいいですよね(*^-^*)

 

まあ本人が受験したいっていうんだから、親として支えてあげるしかないですよね。

最初は「まぁどうせすぐに飽きて投げ出すでしょうね」と思っていましたが(^-^;

でも本人の本気度は意外にも高く、幼稚園のころから続けていたサッカースクールを辞めて塾に通いたいと言い出しました。ちょっと前までの将来の夢は“サッカー選手”だったはずなのに…。

さて、ここから家族の生活はガラッと変わります。

中学受験への挑戦、スタートです!

進学塾に通う

まずは塾選びから。

何しろ親である私たちに何の知識もありませんので、色々と調べてみました。

中学受験のための進学塾もありましたが、とても息子がついていけるような雰囲気ではなかったので、私は個別指導をしてくれる塾を勧めてみました。

でも息子は「進学塾に通いたい!」の一点張り。

それならと、さっそく入塾テストを受けさせてみました。

結果は最下位…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

点数も限りなくゼロに近いではないですか!

まあ、そりゃそうですよね。親は納得してしまいましたが、息子はさすがにショックだったようです。

入塾の面談でも、「本当に受験するんですか?」的なことを言われ(実際にはそんなきつい言葉ではなかったと思いますが…)、さすがの息子も受験をあきらめるかと思いきや「はい、頑張ります!」と答えてましたよ。なんて健気なのかしら(;_;)

 

ということで、進学塾に通うことになりました。

受験用の教材をずっしりと持ち帰り、課題もたくさん出ました。

教材をながめてて気が付いたのですが、小学校でやっている勉強と受験用の勉強は全く別のものだということ。レベルが違うのはなんとなく想像していたのですが、算数なんか解きかたが全く違うんです。

そりゃ点数がとれないわけですよね。

このとき初めて「とんでもない世界に足を踏み入れてしまったんじゃないか。」と気が付いたのです。

 

次回のブログでは塾に入ってからの勉強について書いていきたいと思います。

続きはこちら↓↓↓

サッカー少年、中学受験をする② - ゆーママの子育て喜怒哀楽!

 

↓↓↓ブログランキングに参加しています、応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村